審査の甘いクレカ

最近のクレジットカードの多様化で、主婦やフリーターのように安定した収入のない人でも、気軽に作れるクレカが増えています。

審査の甘いクレカ(クレジットカード)(1)

クレジットカードはすっかり日常的に使われるようになり、ネットショッピングをはじめとして、クレジットカードを使うことはごく一般的になっています。 ですが、クレジットカードはその名の通り、利用者の"信用"を担保にしてカードでショッピングやキャッシングをすることができるものです。ですから、クレジットカードを入手するためには、一定の審査基準をクリアしなければなりません。 以前はクレジットカードの審査はどこも厳しく、高い水準の信用力を持った人(所得が安定して高い人)でなければクレジットカードを所有できませんでしたが、最近はクレジットカードも多様化し、中には審査基準が甘いクレジットカード会社も多数存在しています。 つまり、以前は公務員、高所得者(医師や弁護士など)、企業の正社員などでなければ審査が通りにくかったクレジットカードが、フリーターや主婦など安定した収入が無い人でも気軽に作れるようになってきているのです。 クレジットカードは大きく分けると、「銀行系」「信販系」「流通系」「消費者金融系」の4種類に分けれれます。 このうち、最も審査基準が厳しいのは言うまでもなく「銀行系」です。 三井住友VISAカードなどに代表される、メガバンクを始めとする各銀行が発行するクレジットカードで、非常に高い審査基準を持っており、正社員以上の安定した収入を持っている人でなければ審査はまず通りません。 他の3つは「銀行系」に比べると審査基準が甘くなっているので、必ずしも正社員以上でなくとも、クレジットカードが発行される可能性は高くなります。 これら3つを審査基準が甘い順に並べると、消費者金融系>流通系>信販系の順になります。つまり、消費者金融系のクレジットカードが最も審査が甘いです。 通常、我々が目にするカードの大部分が銀行系、信販系、流通系で占められているため、消費者金融系のクレジットカードに触れる機会はさほど多くありません。 ですが、アコムやアイフルなど消費者金融各社もクレジットカードを発行しており、それぞれMastercardなどの国際ブランドのクレジット機能が付いているので、実際に利用する上ではその他のクレジットカードと何ら変わりません。 クレジットカードの審査では、返済能力(収入)、過去のクレジットカードの利用履歴(クレジットカードヒストリー)が審査されますが、消費者金融系のクレジットカードの場合は、利用履歴について厳密に審査されることはまずありません。 返済能力に関しても、消費者金融系の場合はショッピング枠よりもキャッシング枠での利用をメインと捉えているため、他のクレジットカード会社よりも収入に対する基準が低いのが特徴です。 以上のことから、申込時の書類に不備さえなければ、フリーターや主婦のように安定した収入が無い人でもまず間違いなく審査が通るのが消費者金融系のクレジットカードと言えます。

審査の甘いクレカ(クレジットカード)(2)

クレジットカードを発行してもらうためには、各クレジットカード会社が定める審査基準をパスしなければなりません。 正社員として勤務している会社員などは気軽にクレジットカードを利用しているので、ご存じない方も多いでしょうが、フリーターや主婦など、一定の収入が無い場合はクレジットカードを申し込んでも、基準をクリアできずに断られることも多いのです。 クレジットカードには多くの種類がありますが、審査基準の甘いもので言えば、「消費者金融系」と「流通系」の2つが代表的です。 消費者金融はその名の通り、アコムやプロミスなど消費者金融各社が発行するクレジットカードで、数あるクレジットカードの中でも最も審査基準が甘くなっています。 「アコムマスターカード」や「プロミスJCBカード」などが消費者金融系クレジットカードとして有名です。 これらは過去のクレジットカードの利用履歴に関わらず発行されることが多いですし、そもそもキャッシングを目的としているカードですから、返済能力(収入)に関する審査基準も非常に甘いのが特徴です。 フリーターや主婦であっても、何らかの収入さえあればまず審査は通るでしょう。 次に審査基準が甘いのが流通系のクレジットカードです。 セゾンカード、イオンカードなど流通系大手の各社が発行しているクレジットカードですから、ショッピングをする上でポイントの優遇があるなどの特典が付いていることがこれらのカードの特徴です。 審査基準はごく一般的で消費者金融系よりはもちろん厳しくなっていますが、その他の銀行系、信販系のクレジットカードよりは審査基準が甘いです。 ですから、正社員のような安定した収入が無い立場でも審査が通りやすくなっています。実際、学生やフリーターなども流通系のクレジットカードをごく普通に利用しています。 さらに、インターネットでのショッピングを目的としているのであれば、「楽天カード」も流通系のクレジットカードと同じく、審査基準が甘いクレジットカードです。 安定した収益の無い自営業の人やフリーター、学生でも楽天カードの審査が通った事例もありますから、その審査基準はかなり甘いと言えます。 なお、クレジットカードを発行したい場合、闇雲にいくつもの会社に対して審査を依頼するのはあまりおすすめできません。 クレジットカード各社はそれぞれの顧客情報を共有していることが多く、他社への申し込み履歴が多いと、それだけで審査が通らなくなることもあります。 こうした審査基準はクレジットカード会社ごとに異なるので一概には言えませんが、どうしてもクレジットカードが欲しい場合は、闇雲に多数に申し込まず、審査基準が甘いと思われる会社に絞って申し込みを行い、まずは確実なクレジットカードヒストリーを作ることが有効です。

クレカに関する体験談